語学留学における語学学校クラス分けについて

英語を学ぶ語学留学において語学学校へ通うことは、多くの留学者が選択する英語勉強方法です。

多国籍な留学生と机を囲み、母語でない言語を使ってやり取りをすることで、その言語に親しみを持ち、多言語を使うことに慣れて行くからです。


しかし、いざ語学学校へ行ってみたはいいものの、うまくクラスに溶け込めなかったり、ともすると授業内容がさっぱり理解できない場合もあります。
要するに自身の英語力がクラスに対応しておらず、周りのレベルに置き去りにされている状態なのですが、どうしてこのような状態が発生するのでしょう。実は日本人に多いこの状態は、日本人が義務教育で最低三年間は英語を学び、ある程度の文法構造などを理解してしまっているがために起きるのです。


語学学校へ行くとまず自分のクラスを決めるための英語力テストが実施されますが、一般的にリーディングとライティングパートでしか構成されていないこのテストは、しばしば日本人にとって容易です。



ここで高得点を取ってしまったがために、学校側はスピーキングとライティングの能力も高いのだろうと判断して、高いレベルのクラスに日本人生徒を配置してしまうわけです。

一度配置されてしまうと、何としてもそのクラスに実力を合わせねばならない気がしてしまいがちですし、それもまた大事なことではありますが、しかし自分より高度な英語を話すクラスでは基礎的な英語力が身につきません。

今すぐ使えるYOMIURI ONLINEを知りたいならこちらです。

語学学校は基本的に幾つもの段階に分けて授業を行い、生徒一人一人にあったレベルの授業を展開していますので、もしクラスが自分に合わないと感じた場合にはクラス変更を講師に申し入れてみることで解決します。