留学時のホームステイ先変更について

留学をする際、語学学校に通えば学校がホームステイ先を手配してくれることがありますし、日本に居る時点で仲介会社を通してホームステイ先を決めて下宿する場合もありますが、どちらにしてもホームステイ先は留学中、自分の家となるわけですから、その家の生活環境が自分にあったものであることを望みたいものです。

日本経済新聞の情報を調べてみましょう。

しかし、あらゆる国において日本とくらべて大きく異なった生活環境が展開されている場合が多く、たとえば食事ひとつ取ってみても、日本の食事に比べ外国はより質素な傾向がありますから、朝食はシリアルやパンを自分で作ってコーヒーを淹れるだけであるとか、夕食は毎晩パスタであるとか、そういったことが珍しくありません。

またハウスルールと呼ばれる家ごとのルールも家庭ごとに大きく異なり、夜間はバスルームを使用してはならないとか、門限が早く設定されていたり、あるいは全くルールがなく何事も自由にやっていい、という家もあります。

またホームステイときくと家族団欒に交じったり、休日に一緒に出かけることを想像するものですが、現実には女性や男性の一人暮らしアパートにお邪魔したりすることもあるため、忙しい彼らとすれ違って交友が一切無かったりしてしまう場合もあります。



こういうことがあると、せっかくの留学であるのに、英語を話す機会もなくなってしまいますし、家に帰っても楽しくありません。そういう際、我慢してはいけません。

語学学校や仲介会社はホームステイ先について、相談をすれば変更をしてくれるサービスを展開しており、ホームステイ先が自分の理想とかけ離れている場合、準備に数日は必要ですが、下宿先の変更を行ってくれます。